犬の課題・知識を共有するためのサービスの事前登録を開始。

Pocket

こんにちはマツイです。

以前から進めていた、犬に関するサービスQooonの事前登録を開始しました。

Qoonは、解決したい課題や、知識をみんなと共有して、犬と人のより良い関係づくりに貢献するサービスを目指しています。ぜひ、事前登録よろしくお願いします。

犬の課題・知識を共有するためのサービス | Qooon


意見がもらえたり、コメントしたり、解決したいニーズもわかる

例えばクラウドファンディング前にニーズを知りたいという時や、意見が欲しい時。自分が知っている知識や経験した事を共有する事で、犬と人のより良い関係づくりを支えることができます。

イメージとしては、犬版のOKWEBや、Qiita、teratailなどのような形です。


相談したい、調べる、知識を共有する事で、犬と人のより良い関係づくりを支える

ユースケースは、上記で述べたように、いくつか存在しています。

1番多いものとしては、普段犬を飼っている中で困った事や知りたいことがあって相談したいケースや、調べたいケース。

または、自分で経験したことを記事として公開するケース。

もしくは、解決したい課題やプロジェクト、サービス等を考えていて、ニーズがあるかレビューが欲しい場合のケースです。

もちろん、この3つ以外のユースケースもあると思います。


使い方もカンタン

現場実装中に当たる使い方も簡単で、タイトルや必要項目を記入して投稿するだけで、サイト上に反映されます。それを、SNSを通じて質問箱のようにシェアすることもできます。その課題を見て、コメントや、いいね、支援したいなどのリアクションも可能です。

支援したいなどのリアクションボタンは、こんなこと考えてるんですが、どうでしょうかなど、調査やリサーチ、賛同してくれる人を探すこともできます。

実際このサービスを考える時も、自分自身をレビューいただいて、できる限り機能を絞り込んだり、調整を行ったりできたのは、今自分が課題だと思ったことを投稿できる環境を持っていたからだと思います。

犬を飼っていなくても、何かをしたい、殺処分を減らしたいと考えている犬好きな人も多いです。みんなで課題を共有したり、知識を共有することで、より犬と人とがより良い関係になれるのではないかと考えています。


少しづつアップデートして、リリースを目指します。

現在は、Twitterのみの事前登録となりますが、Facebookや、メールアドレスでのログイン機能や、ログインなしでも、場合によっては投稿できるようなものを考えています。

これから少しづつアップデートしていくので、ぜひ事前登録してみてください。レビューもお待ちしております。

犬の課題・知識を共有するためのサービス | Qooon

過去記事はこちら

サービス作りをどうやって進めているのかを公開していきます
SPONSOR

PROFILE

松井貴史

松井貴史

1984年熊本生まれ。RUBYDESIGN.代表
プロダクトに関わるUI設計が得意です。デザインだけではなく、現在エンジニアリング部分などにも領域を広げています。物と物をsnsで繋ぐマッチングサービスmonocrewを運営。