Wordpressの管理画面の特定のナビゲーションを非表示にする方法

【WordPress】一覧や詳細ページに別々のテンプレートを割り当てる

どうも松井です。

WordPressでは、固定ページで別々のテンプレートが適用できたように、一覧ページでも別々のテンプレートをカンタンに適応することができます。

例えば、お知らせや実績で全体的なレイアウトを変更したいと思う時に有効です。今回は、一覧だけではなく、詳細のフォーマットとの割り当て方法も纏めています。

大まかな流れ

流れは、3ステップでカンタンです。

  • カテゴリーのテンプレートを作成する
  • ループ処理を行うテンプレートの作成
  • シングルページのテンプレートを作成する

カテゴリーのテンプレートを用意する

まず一覧のテンプレートは、category.phpで書いていくため、フォーマットを作りたい分だけ作成します。名前は、category-{slug}.phpの{slug}部分をわかりやすい名前に変更して作成します。

ちなみに{slug}部分が、urlのhttps://xxxxxx.jp/works/の/works/とイコールとなるため、slug名にはカテゴリ名をつけましょう。

これで、お知らせや実績でのレイアウトを変更できますが、繰り返し処理する部分も変更する必要があるので、loop.phpをみていきます。

ループ処理を行うテンプレートの作成

loop.phpは、一覧ページで繰り返し表示させたいもの記述するため、こちらもカテゴリー同様、フォーマットが必要な分だけ作成します。名前は、loop-{slug}.phpの{slug}部分を変更します。カテゴリーの複製と同じですね。名前もカテゴリーと同じ名前にするとわかりやすいかと思います。

これで一覧部分の表示フォーマットは、別々のテンプレートを適応できます。一覧が変更できれば、詳細ページも変更してきましょう。

シングルページのテンプレートを作成する

シングルページもカンタンで、single-{slug}.phpを作成して{slug}部分を変更するだけ。こちらもループ,カテゴリーの名前と統一したもので作成します。

これで、カテゴリー→ループ→シングルまでの流れを作成でき、カテゴリーごとに表示を切り替えることができます。

松井 貴史
顧問・パートナー型の受託専門WEBデザイナー兼ディベロッパー。UXUI改善運用からWEBシステム開発までワンストップで提供しています。自身でもデザイナー発!個人開発者として日々の気づき、アクション、考え、ノウハウをTwitterで発信中。オンラインゲームSAKETUMA開発

類似記事

noteをワードプレス側のサイトに表示させる手順

WordpressのカレンダープラグラインにはM.E.Calendarが便利!その特徴に迫る!

WordPressのカレンダープラグインにはM.E.Calendarが便利!その特徴に迫る!

知識ゼロでも ワードプレスが 身につく本

ユーザー登録をしないで会員限定ページを作りたい時の対処方法[WordPress編]