SNSでカンタンに探し物が見つかるサービスをリリースします!

SNSでカンタンに探し物が見つかるサービスをリリースします!

こんにちは!そして、初めての方は、初めまして!RUBY.のマツイです。

SNSでカンタンに探しものが見つかるサービス「monocrew(モノクルー)」を4月前半リリース予定です。


どんなサービスなの?

モノクルは、探しているものを入力して、ツイッター上に簡単に投稿する事ができるマッチングサービスです。入力したタイトルが画像とともにツイッター上に表示されます。現在は、ツイッターのみの運用ですが、今後facebook上でも機能できるようにしたいと思っています。


こんな使い方ができます!

  • ・ネットサーフィンして欲しいものを探しているけど、なかなか見つからない
  • ・ネットで検索して沢山商品を見ていくのが面倒・時間かがない
  • ・大切なものを置き忘れしてしまった。いち早く見つけたい。


デザインからプログラミングまでオンライン上だけで完結させた

前回のブログでも少し触れていましたが、入江開発室で知り合った仲間と、オンライン上だけでサービスを作りました。オンラインで1度だけ対面しましたが、実際に一度もお会いしたことがありません。基本スラック上のやり取りだけで、サービスリリースまでの目処がついてきました。本当にこれは感動です。

オリジナルという言葉に惑わされず、まずは作りやすいものから作ろう!

ただ、やっぱり一度は会いたいですね。せっかく一緒にやったので、今年東京で集合できたら連絡取り合って会いに行きたいと思っています。そして、なによりデザイナーの自分がプログラミングを学んで小さなサービスとはいえどリリースできるとこまで漕ぎ着けたのが何よりも嬉しいです。ぜひ、リリースしたら使ってください。


デザインもプログラミングもサービスも手段であって目的ではない

デザインも同様に考えていますが、大切にしたい事はデザインもプログラミングも手段であって目的でないという事です。個人的にはデザインもプログラミングも何かを解決すべきために、これからの未来を作るためにあると思っています。

とはいえ、正直今の僕にとっては、プログラミングを身につける事は現実的には目的になっています。でも、それはそれでもいいと思っています。目的が手段だったとしても必ず、目的は変わっていくからです。

ご存知のとおり、楽天ではプログラミングへの投資が始まっています。昔より、誰もがプログラミングを学ぶ時代になってくるとおもっていますし、必ず英語レベルで浸透します。

普及すると、デザインも同じように本質を知っている人から、少しだけ遠ざかり表面的なものになります。だからこそ、手段と目的を間違わないように、どんなサービスを作っていくのか、どんなことを実現させていくべきなのか、使う人にとってどんな素敵な物語を生むのか、これから自分がプロダクト作っていく中で向き合って行きたいと思っています。

松井 貴史
フリーランス・副業向けチームビルダーのためのプラットフォーム、MENTION(メンション)開発|RUBYDESIGN.代表(http://rubydesign.jp)|デザイナー&エンジニア|趣味:旅行・サウナ・ポーカー・ワイン|ビジネスライフハックもたまに|提携や仕事の相談は気軽にDMください

類似記事

No Image

Qiitaでの執筆を開始しました。

オンラインで決済する様子

Stripe,PayPalが1番!個人でオンライン決済を導入する方法を調べてみた

WEBサービス開発時に、サービスサイトを早めに公開した方が良い理由

福岡県の原鶴温泉 泰泉閣でプロダクト合宿やってきました