困った時に安心して頼める名刺印刷会社はココ!

Pocket

困った時に安心して頼める名刺印刷会社はココ!

こんにちは。マツイです。

最近は、完全にUI設計などプロダクトのデザインに振り切ってからは、名刺デザインの依頼は無いですが、以前は仕事柄名刺デザイン制作も受けたりしていました。


デザイナーにとって印刷会社は秘伝のタレと同じ

僕自身、周りのグラフィックデザイナーさんがどこの印刷会社を使っているかあまり知りません。当時の先輩に聞いても教えてくれませんでした。ただ当時は僕も飯の種だったのでお客さんに印刷会社を聞かれても、お伝えすることができないと言って断っていました。

デザイナー自身は、紙にもコンセプトや考え方をのせますし、そこがデザイナーの飯の種でもあるため簡単に教えることはしないのかなと思います。

正直、実際はどうか僕もわかっていないですが、デザイナーにとっては、いわば秘伝のタレ的なポジションなのかもしれません。なのでその辺を配慮して、僕も使っている便利な印刷会社をご紹介したいと思います。


グラフィック印刷

名刺やシールなどのスモールデザインからノベルティまでネットから印刷できる便利な印刷会社。価格も安く時間指定などもできて最短1日納期で届く!これは凄い!僕の名刺もちなみにここで作っています。本当は、竹尾ペーパーで活版でとかありますが、グラフィック印刷でも十分なクオリティなものはできます。

https://www.graphic.jp/


ウェーブ印刷

ここもグラフィック印刷と並ぶほど安くて早い。ちょっと用紙の種類がグラフィックに比べて少ないような感じですがオススメです。

https://www.wave-inc.co.jp/


ラクスル

用紙の種類に制限はありますが、用紙を選ばなければ一番安いのではと思うほどです。

https://raksul.com/


スーパープリント

名刺に特化した印刷会社です。会社は日本にありますが、生産は韓国で行うため高品質な紙を安価で使うことができます。入稿から手元に着くまでの時間は2週間以上かかってしまいますが、活版や特殊印刷などもできますし安くて品質が良いのでオススメです。紙のスワッチサンプルももらえます。僕も以前ここで自分の名刺を作成した事もあります。

https://www.superprint.jp/


ハグルマ印刷

値段は少し高めですが、紙の質にこだわりたい時にはオススメ。某アパレルブランドもここの紙を使用されています。「お客様との制作例」を見ればクオリティの高さがわかります。工場見学もできます。

http://www.haguruma.co.jp/store/index.asp


名刺21

箔押し印刷や特殊印刷などのちょっと特別感のある名刺を作成されたい時にオススメの印刷会社。印刷費用も安く仕上がりもいいです。また、リピートする時も簡単にリピートができるので、箔押し名刺を作りたい時は僕もここを利用しています。

https://www.meishi21.jp/


レトロ印刷

デザイン性に富んだ名刺や制作を行いたい時にオススメの印刷会社。webサイトも明らかにクリエイティブな匂いがプンプンしますよね。今まで名刺はとりあえず、あるだけいいって考え方の方もこういったところで作ってみると、差別化になったり、名刺がコミュニケーションツールになったりしてよいイメージがつくので、2019年は挑戦してみるのもアリですよね!

https://jam-p.com/insatsu/


Bird Design Letterpress

昔僕がサラリーマン時代、個人で名刺デザインの際頼んでいた会社です。活版印刷専門の会社で仕上がりは流石です。どんな紙にしたらいいかわからないときは、電話で相談すると紙のスワッチを送ってくれました。価格は少し高いですが、味わいのある名刺ができて、やたらむやみに名刺を配らなくなるので、きちんと繋がりたい人のみと繋がる事できます。

https://birddesignletterpress.com/


竹尾

デザイナーであれば、誰もが知るブランドになった竹尾。紙には、どこよりも熱い想いと誇りを持っているように思います。webサイトには、紙の基礎知識なども載っていて、とても勉強になりますよね!デザイン業界にいると竹尾の紙の名刺をいただきますが、名刺というよりどこかプロダクトなようなイメージを受けます。そして、頂く方達のデザインも素敵な人達が多いです。価格はちょっと高めなので名刺でなくても、たまのメッセージカードやレセプションパーティーのカードを作成に使うのも良いですよね!

http://www.takeo.co.jp/


さいごに

これだけ押さえておけば、自分でデータさえ作れれば、お気に入りの名刺やデザインが行えます。ただ、この手の情報を一手に引き受けて入稿から発送まで受けてくれる名刺代行サービスなんてあってもいいかもしれないと思う今日この頃です。

それはで、良い1日を!

PROFILE

松井貴史

松井貴史

1984年熊本生まれ。RUBYDESIGN.代表
プロダクトに関わるUI設計が得意です。デザインだけではなく、現在エンジニアリング部分などにも領域を広げています。物と物をsnsで繋ぐマッチングサービスmonocrewを運営。