GridGuidを使用してグリッド設計プロセスを自動化する

こんにちは松井です。

cssでグリッド設計を使用する際に、内部に含む列や余白数を設定する必要があります。

自分で実装するよりも、GridGuidというwebアプリを使う方が良いようです。

GridGuidは、完全無料サービス、サイズに関係なくあらゆるwebサイトに適応可能、グリッド生成を完全に自動化してくれます。

使い方はシンプルで、必要な列の数と、最大幅を入力するだけです。
通常だと2で割り切れるので、素数は避ける方が良いようです。

webサイトの一般的な最大幅は以下。

  • ・1100px by 12 columns
  • ・1200px by 8/12 columns
  • ・1240px by 8/12 columns
  • ・1440px by 8/10/12 columns
  • ・1600px by 8/10/12 columns

均等に分割できれば、任意の幅を選択可能で、入力フィールドに値を入力すれば自動更新してくれます。

上部の数字を調整すると、グリッド表示が自動更新されてるのがわかります。
また、ピングの書き出しもできるので、フォトショなどのデザインツールに取り込むこともできます。
シェイプをツールを使わずに済むので、大幅に時間を節約できます。
グリッドをブックマークしたり、webサイトの共有urlを発行してシェアする事も可能です。

ツールの使用は完全無料でとても使いやすく、個人で仕事をしてる全てのWEBデザイナーにお勧めです。

元ネタは、こちら

https://www.hongkiat.com/blog/gridguide/

まとめ

海外の技術記事や、デザインやエンジニアの記事は、言わずもがな非常に有益なものが多いです。

海外の記事を要約しながらブログとして配信することで、英語を身近に感じれ、尚且つ技術も身に付くので、一石二鳥です。

今後も厳選して、ブログに取り入れていこうと思っています。
ではでは、今回はこの辺で!

松井 貴史

松井 貴史

RUBY DESIGN. 代表 WEBサービス・業務システムのソフトウェアに特化したWEB制作を行ってます。絶賛リモートチーム募集→WEB•UIデザイナー募集中! 福岡在住 大阪/名古屋 居住経験あり 熊本県宇土出身 http://stand.fmやってます!

類似記事

自社プロダクト開発開始致しました

自社プロダクト開発開始致しました

フリーランスを始めたら考えたい税金対策の話(文美国保承認までのステップ)

No Image

次世代のメディアとスーパースター

kacikaさんの実績が加わりました。

ルビーデザインのwebサイトにkacikaさんの実績が加わりました。