MONOCREWのトップページを変更。探し物を一覧化してマッチするように改善!

こんにちは、松井です。

今年の4月にmonocrewというマッチングサービスをリリースしました。最近その改善を行ったので記事としてまとめました。

課題発見とシェアされていない!という気づき

個人的に初めからそんなに多くの人が見てくれると思っていなかったので、少しでも使ってくれている人がいて嬉しかったです。

ただその反面、入力しただけ、シェアしていない。シェアしてもsns以外からは見つからない。といった課題に気づきました。

ユーザビリティUPを狙うための仮説定義


そこで仮説を立て、まずは下記2つに対するアクションのみを作成していきました。

  • 1.トップページが機能していないように感じる。ログインしないと、使えない環境がマイナスになっているのではないか。

  • 2.web上で募集一覧を作るとマッチする確率が上がるのではないか

改善1:トップページをオープンなページに変更


仮説のアクションとして、まず大きく変更した場所はTOPページ。課題は、以前はどこか表紙っぽくイメージ訴求のみ。ログインしないと何ができるのか、どんな投稿がわからない状態だった。

そのため表紙のようなトップページを削除し、タイトルコピーとテキスト、ログインボタンはそのまま残しながら、高さを抑え、募集一覧をトップページから見れるように変更。

改善2:募集を見つけやすくるために一覧化


みんなの掲示板のように誰が何を投稿しているのかが一覧で見れるように変更。sns以外でもweb上に一覧を設置する事でマッチする確率をあげる。

また、一覧化する事で、例えば探し物を投稿しようと考えているユーザーにも、探している物を訴求することが出きます。

最後に

小さい改善ですが、コツコツとやっていきます。なにか、良いアイディアやこうするともっとよくなるどあれば、ご意見お待ちしています。
今年残りわずかですが、悔いのないように動いていきましょう。

ではでは!

MONOCRE(モノクル)はこちらから

https://monocrew.jp/

松井 貴史

松井 貴史

RUBY DESIGN. 代表 スタートアップや企業のサービスのフロントに関わるデザインや実装の仕事をしています。現在、リソースシェアサービスサービスを開発中/完全朝型/熊本出身 リモートチーム募集中です。詳しくはお知らせをご覧ください。

類似記事

サービス開発時にやってよかった設計フロー

サービス開発時にやってよかった設計フロー

奥日田温泉 「うめひびき」に行ってきました。

デザイナーがWEBサービスを作って公開するまでに意識した5つのポイント

1人でする仕事の大変さ

ひとりで仕事をする大変さ