簡単・無料で毎月250通まで遅れるhtmlメール(Benchmark Email)が凄かった!

Pocket

こんにちは、松井です。

メールでのアナウンスは、文章のみの通常のメールに比べ、まだまだhtmlメールは根強いです。

ビジネスマンの間で人気のNewsPicksなどのメディアサイトをはじめ、zozoタウンなどのECサイト、色んな企業がhtmlメールを導入しています。

最近、htmlメールを作成する機会があったのですが、開封率も見れるのでhtmlサービスを利用してみました。

htmlメールとは?

htmlメールとは、テキストだけのメールではなく、テキストと画像をhtmlでコーディングし表示したメールの事です。下記画像のようなメールを見たことがあるかと思います。

Benchmark Emailを使うメリット

まったくhtmlの知識がないのに、htmlメールを作成するのは至難の技です。しかも、HTMLメールは、通常のコーディングとは違い、tableタグだけでコーディングしていくので結構大変です。

その点、Benchmark Emailは便利です。

htmlメールサービスは、他にも沢山ありますが、まずは無料で使えるので、Benchmark Emailを使って見るのも良いです。

Benchmark Emailのサイトはコチラから

見やすいダッシュボード

まずは基本情報入力登録してログインIDとPASSを発行。 ログインするとダッシュボードが表示されます。

通常メールとRSSメール配信が選べる

メールを作成を選ぶと、「通常メール」と「RSSメール」の選択をします。RSSメールも作成してくれるなんて便利です。

スキルに合わせて、メールを作成できる

基本的には、そのまま進んでOkです。この中でも、htmlコーディングできるので、htmlコーディングでしたい場合はカスタマイズする事もできます。

テンプレートが豊富

作成する際に、テンプレートが豊富なので、テンプレートを利用して作成できるので、非常に便利です。操作が直感的とはいえど、デザインを作るのがちょっと大変という方は、テンプレートから始めて見るのが良いかと思います。

データが取れる

開封率の表示についての画面は実際お仕事で利用したデータになるので、お見せできないですが、合計配信数,開封率,クリック数,エラー,配信停止数などの情報が取る事ができます。

まとめ

直感的に使えるのに、データ集計ができるので、メール配信をしたい企業様や、オウンドメディアを運用していてメルマガ配信したい!などのプラットフォーマーの運営者の方は使って見るのも良いかと思います。

PROFILE

松井貴史

松井貴史

1984年熊本生まれ。RUBYDESIGN.代表
プロダクトに関わるUI設計が得意です。デザインだけではなく、現在エンジニアリング部分などにも領域を広げています。物と物をsnsで繋ぐマッチングサービスmonocrewを運営。