不妊をトータルケアするコミュニティーサービス「ベビmatch」がリリース間近!

Pocket

不妊をトータルケアするコミュニティーサービス「ベビmatch」がリリース間近!

こんにちはRUBY.のマツイです。

昨年から関わっていた福岡のWEB制作会社のチニアシさんが独自のサービス不妊をトータルケアするコミュニティサービス「ベビmatch」のLPサイトが立ち上がりました。ようやくリリース間際です!

事前登録はこちらから


ウェブ制作会社チニアシさんとの出会い

チニアシさんとの出会いは昨年の9月ごろ不妊のサービスを作りたいと言うことで出会いました。まだサービスに加わると言う事は伝えてない前から、直接Messengerで一緒にやりたいとメッセージまで頂くほど熱い方でした。


体験から生まれる愛のあるサービス

チニアシの代表の奥さんが不妊で悩まされた経験があり、その時に感じたメンタルな課題を解決したいと言う思いからサービスが立ち上がりました。誰でもサービスが作れる時代になり、ますます誰のために作るのか、何のために作るのか、なぜやるのかがすごく大事だなと思っています。

だからこそ自分の体験談から生まれるサービスは強く、その人の思想に基づいたオリジナリティのサービスができると思っています。


動線からデザインを2カ月間で一新

ある程度デザインができてたのでリデザインぐらいかなと思ってたんですが、いざ取り掛かってみると一旦全てを整理する必要がありました。それはそのはずで、構想から月日が流れ5年ぶりの再開だったようです。全てを白紙の状態に戻して、ロゴから、コンセプトやデザインとコーディングまで、ざっと50ページ近くあるものを2ヵ月未満で仕上げてきました。これは久しぶりに結構ハードでした。。


受託ではない、プロジェクト型のワークスタイルは仲間意識が芽生えやすい

こういったプロジェクト型で加わると仲間意識が芽生えてくるので、それがすごくいいなと思っています。みんなが同じ目標に向かって同じ方向を向いて進んでる雰囲気が出て来ます。

といっても、チニアシさんがすごく発言しやすい空気感を作ってくれていたので、どんどん発言できました。間違った発言も全然OK的な雰囲気。この空気感ってすごく大事です。意見が言えない人がいる空間って、それぞれの良さを最大限に発揮できない。今回はすごく環境に恵まれた感があります。


不妊をトータルケアするコミュニティサービス

不妊は孤独を感じやすく心も不安定になります。通院の費用も嵩み、管理なども大変で金額をみるのも怖い。旦那さんの言葉にも敏感になるようです。そんな、メンタルケアから体調管理までをサポートするコミュニティサービスが「べびmatch」です。

不妊治療の記録をタイムラインで共有できたり、助成金申請のための管理をわかりやすくまとめることもできます。現在、いくつか病院側や不妊カウンセラーと話をして専門家の方と直接相談できるような仕組みを作っています。

不妊の問題は、女性だけの問題ではなく、男性も知っておくべき事がたくさんあります。ぜひ、お知り合いの方や、これから赤ちゃんを作ろうと思っている方は、ぜひ事前登録がお願いします。

事前登録お願いします

公式サイトから「サービス開始の通知を受け取る」をタップしてアドレスを入力するだけで事前登録が完了です!

こちらから宜しくお願いします!
https://bebimatch.com/

PROFILE

松井貴史

松井貴史

1984年熊本生まれ。RUBYDESIGN.代表
プロダクトに関わるUI設計が得意です。デザインだけではなく、現在エンジニアリング部分などにも領域を広げています。物と物をsnsで繋ぐマッチングサービスmonocrewを運営。