RUBYDESIGN.は、10月で5年目に突入します。

RUBYDESIGN.は、10月で5年目に突入します。

ルビーデザインも気がつけば、独立して10月で5年目に突入していました。お仕事で関わらせて頂いた方々、色々と飲みでご一緒させて頂いた方々、本当に有難うございます。引き続き仲良くさせてください。また5年目を迎えるにあたり、挑戦と抱負を書いてみました。

仕事のスタイル

脱受託への挑戦

毎年毎年違うことに挑戦きたのですが、5年目はよりサービス作りに専念するため、作って終わりの受託をできるだけ抑え、顧問またはプロジェクトメンバーとして一緒にサービスを進行できる方とのみ仕事をすることにしようと思っています。

もともと僕は受託に対する懸念がありました。受託は手離れはいいが、言い換えれば線引きが生まれ、バッファが増える。受託側は、当事者意識を持ちにくく、依頼者側も外注として考えるため、どうしても心理的距離が若干できてしまう。

現在すでに仕事のスタイルを変え、webサービスを作る会社のデザイナーとして仕事をさせてもらっていますが、お互い仲間意識が出てきているのを実感しています。

デザイン面

WEBデザイナー→サービスデザイナー

まだまだプレイヤーとして活動中の僕ですが、入江開発室でUIデザインに携わって以来、最近おかげさまで、本業でもサービスのUIデザインを担当することが増えてきました。サービスのデザインは、バッグをデザインしていた時の感覚にちかく、とても面白いです。ツールもできればXDやSkecthで出来るものに特化していきたいと思っています。いずれは、制作部分は、より得意な人にお願いしていきたいと思っています。

挑戦

サービス作り

今年の目標として、どんなに小さくてもいいので1つはサービスを作るという目標があります。まだ手をつけれていないのでこのままだとクリアできません。もう今年も残りわずかしかないので、1ヶ月でできるものに絞って、まずはデザインモック作っていきます。

プログラミングのお仕事の獲得

目標を立てなければ、おそらく一生無理なので、第1歩として1万〜3万ぐらいのお手伝いレベルの小さい案件を取れるようになりたいとおもっています。

松井 貴史

松井 貴史

RUBY DESIGN. 代表 スタートアップや企業のサービスのフロントに関わるデザインや実装の仕事をしています。現在、リソースシェアサービスサービスを開発中/完全朝型/熊本出身 リモートチーム募集中です。詳しくはお知らせをご覧ください。

類似記事

犬の課題・知識を共有するためのサービスの事前登録を開始。

リモートワークを導入するメリットと注意点

必要なものはそんなにない。会社の規模なんて気にしない。ベースキャンプ創業者から学ぶ本当に必要なもの。

リモート・週休3日でも売り上げが200%になった話