ユーザー登録をしないで会員限定ページを作りたい時の対処方法[WordPress編]

どうも松井です。

現在取引させて頂いている企業さんから「サイトに会員様限定ページを作成したいんですが、ユーザー登録をせずに会員限定ページを作成したい」と言われた時の対処法をまとめました。

今回の対処方法には、前提条件ありきです。前提条件は下記内容です。

  • すでに会員が存在する
  • 会員の申し込みは別サイトで行っている
  • 会員はすでにユニークなIDとPASSを持っている

ゴールや手順を考える

まずは、ゴールや手順を考えます。上記の前提条件の場合、自分のIDとPASSでログインできると便利ですが、この条件だと、

  • 管理側が会員全員のIDとPASSを事前入力する
  • 同じIDとPASSで新規登録して利用してもらう

という2点が浮かびますが、様々な角度から見ると仕事が増え、どちらもあまり有効ではないので、

  • 管理側が新規登録して1アカウント発行する
  • 1アカウントでの同時ログインで利用していただく

発行したアカウントを会員様だけに周知する事で、新規登録せずログインすることができるようになります。ただし、この場合、会員限定ページなどはセキュリティはきちんと考えておく必要があります。

プラグインを入れる

ゴールや手順が見えれば、実行方法を考えます。フルスクラッチで書くのも良いですが、Wordpressはプラグインが豊富なのがメリット。時間がかかりそうであれば、プラグインを検討しましょう。

正直、パスワードのみ設置できるものなど、どのプラグインが良いのかを全て実行して、様々な角度から検証して行った結果、こちらの会員サイトが作れるプラグインに決定しました。

Simple WordPress Membership

メリット

  • ショートコードが発行できる
  • シンプルで扱いやすい
  • ページごとの保護ができる
  • 併用できるプラグインが豊富(こちらを参照)
  • カスタマイズが聞く
  • ログイン後のページ遷移も追加できる

ショートコードが発行できると、トップページの任意のエリアにログイン画面を設置できるので便利です。

こちらのコードを記述するだけ。

[swpm_login_form]

index.phpなどファイルへの記述

 <?php echo do_shortcode( '[swpm_login_form]' ); ?>

index.phpなど側にもショートコードは記述できます。あとはお好みでデザインをcssで調整したり、いらない要素を削除したりして使えばいいかと思います。これで部分的に鍵をかけたり、サイト全体に仕込んだりできるので便利です。

そしてかなりサクッと導入できて結構簡単ですよね。

大事なことは、どれが良いのかを検討したり、実行する前のリサーチ部分です。おそらくそこに時間がかかるはずです。

ログイン後の遷移先を管理する

ログイン後、ページ遷移するのが理想だと思いますが、このままだとログイン後は、ページのトップに移動するだけです。遷移の指定は、function.phpなどでも管理できますが、あまり知識がないという場合は、こちらのプラグインを併用しましょう。

Simple Membership After Login Redirection

ログイン後の遷移先をユーザー単位でも設定できる優れものです。設定は、ナビゲーションの[WP Membership]→[会員レベル]→[ID(編集)]を押すと下記画面が表示されます。

ただ、プラグインの入れすぎは、サイトが重くなる原因になるので注意。

こんなことできませんか?の場合は、まずは考えて見ることを意識する

「こんな事できませんか?」のようなことは、どんな職業でも直面すると思いますが、そんな場合は、一度どうしたらできるのかを考えることにしています。

経験上、これできない?と言われたときには2つの要素が含まれていると思っています。1つ目は、単純にこれができるものかという技術的要素。2つ目は、一緒に考えて欲しいという感情的要素です。

このとき、できなくても一生懸命考える事は可能です。日常でも同じかとおもうんですが、一緒に考えてくれるとすごく嬉しくなり、逆にすぐにいや〜無理だねと言われると、考えてみてよ。すぐに無理って言わないでよっと思ったりしませんか?

ある程度、クライアントワークをしていくと自然と出来てくる部分ではあるのですが、このとき真正面から受け取らず、言われてる方の意図を汲み取ったり、ゴールはどこかという事を意識的に考えるようにしています。

ゴールを意識すると、お願いする方の意図が見えます。言われたままを技術的にできるかを考えるのではなくて、意図を汲み取ると案外、それでもいいよっと言ってくださいます。

出来ないと思う場合は、提案をセットにすると、それが通らなくもてきちんと向き合ってもらえてるとわかるので、頼む側も嬉しいです。

松井 貴史

松井 貴史

ルビーデザイン代表。プロダクトに関わるUI設計が得意です。デザインだけではなく、現在エンジニアリング部分などにも領域を広げています。物と物をsnsで繋ぐマッチングサービスmonocrewを運営。

類似記事

簡単・無料で毎月250通まで遅れるhtmlメール(Benchmark Email)が凄かった!

プラグラミング言語のコーヒー

モチベーションを持続させる、プログラム言語「Ruby」のコーヒーを購入

脱wordpressしたい時に知っておきたいメリットとデメリット

カスタムフィールド デイトピッカーの値で並び替えをするの解決策