知らないと危ない!WEBサイトやブログに使える画像と使えない画像

Pocket

知らないと危ない!

webサイトやブログサイトに画像を掲載する際には、著作権侵害にあたらないかの注意が必要です。誰も自分のサイトなんか見てないでしょうなんて思っていても実際画像検索などで、ヒットすることもありますので注意が必要です。今回は、使用可能な画像と使用不可な画像についてまとめてみました。


使用可能な画像

使用可能な写真

自分で撮影した写真、または加工作成した写真

自分で撮影した写真、または加工作成した写真は、自分自身に著作権があるため使用可能です。その際、画像にプライバシーの侵害に当たるものや、著作権が発生するものには注意をしなければいけません。たとえば、自分以外の人が写り込む場合には、映り込んだ人への掲載の許可が必要です。


無料画像サービスなど使用の許可や利用が認められているもの

無料画像などで、商用利用可能なものは、自分のサイトやブログに掲載することが可能です。しかし、無料画像でも商用利用不可であったり、クレジットを必ず記載してくださいというものがあります。その場合はその指示に従い利用する、または利用を控えるようにする方が無難です。


使用できない画像

使用できない写真

他社サイトや他人のサイトの画像

他社サイトや他人のサイトの画像やバナーなどの画像は基本的に著作権侵害に当たります。万が一利用したい場合は、管理者、運営会社などに問い合わせて個人的に利用許可をもらえれば使用になる場合もあります。


有料写真素材サイトのサンプル画像

有料写真素材サイトの購入前に表示されている画像は、サンプル画像のため商用利用は禁止されています。最近では、利用防止の為、運営会社のロゴやサンプルと表示されているので、直感的に使用不可だという事は判断できやすくなっています。サンプル画像とは別にカンプデータという表現で、サンプル画像のようなものがダウンロードできますが、そちらも基本的に使用NGです。カンプデータなどは、基本的にWEB制作を行う場合のデザイン作成時に仮置きとして使用し、サイト公開前に、購入画像と入れ替え、サイトリリースしたりします。

誰でもカンタンにブログやホームページが作れる時代になった分、最低限のルールは抑えつつ、やりたい事をとことんやっていけばいいのではと思います。

コメント投稿フォーム

Profile | プロフィール

松井貴史

松井貴史

1984年熊本生まれ。デジタルを軸に福岡でブランドづくりを行う事務所RUBYDESIGN.代表。ホームページ相談窓口SmoLLを運営。[詳しいプロフィール]

ご相談・お問い合わせ