着るだけでデザイナーらしさがアップするファッションブランド10選

Pocket

ファッションセンスがいいと、デザインセンスも良さそうに見えるのですが、個人的な感覚値でいくと、グラフィックデザイナーさんは独特でオシャレ、webデザイナーさんは、シンプルで拘りがないようなイメージがあります。

お願いする立場としては「ザ・デザイナー」のような感じの方が、勝手に良い解釈が働き良いもの作ってくれそうなイメージが湧くような気もします。とはいえど正直「洋服のセンス=デザインができる」のような方式は無関係だと感じますが、今回は洋服もクライアントへのプレゼンテーションのひとつと捉え、デザイナーらしさがアップするファッションブランドをご紹介します。


1. TEATORA(テアトラ)

クリエイターのパファーマンスを高めることを目的としたブランドでモノトーンでシンプルなものが多いのが印象的です。価格もかっこいいけれど、デザイナー特有のクシャッと感が出ているというか、さりげなくオシャレで出張に行く際のトラベルケースの容量を考慮して、洋服自体もコンパクトに折りたためるとところが嬉しい。テアトラは、コートやジャケットなどが、シンプルの割に独特な雰囲気があり、グッとデザイナー感を高めてくれそうです。

TEATORA(テアトラ)


2.MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)

シンプルでモダンなデザインが特徴的で、オーソドックスだけれど色使いやシルエットなどが、どこか独創的です。20代〜40代後半、下手すると50代の人が着ても全然オシャレに着れます。私自身も、ハウエルは大好きなブランドの一つで、フォーマルにも着れるし、カジュアルにも着れるところがデザイナーの仕事柄、打ち合わなどにも最適な服装だと思います。

MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)


3.ANREALAGE(アンリアレイジ)

ファッション業界の中でも、先端技術を駆使して服作りを行なっているブランドです。例えば、服に特殊なコーディングを施して、ライトを当てるとコーディングを施した部分だけに色が浮かびあがったり、他ブランドとダブルネームで、服にヒーターを内蔵させ、アプリで温度調節をしたりと実験的でありながらも、着る人の事を忘れない服作りをしています。非日常を与えるデザイナーとしての感性とマッチするところがあり、人を選びますがとても雰囲気がでるブランドです。

ANREALAGE(アンリアレイジ)


4.Arts & Science(アーツ&サイエンス)

どこかハンドメイドを感じとれるデザインとモダンで洗練されたデザインが融合して映るブランド。カラーも落ち着いたものが多く、シンプルで嫌味のないさりげない小洒落感がグッとデザイナーらしさを高めてくれると思います。流行りに流されず、ずっと着続けれる洋服を作っているような感じがして非常に大好きなブランドです。

Arts & Science(アーツ&サイエンス)


5.COMOLI(コモリ)

日本の気候や日本人の体型にあった服作りを行うブランド。先ほど紹介したテアトラなどの雰囲気に近く、シンプル、上質、モダンという言葉が似合いそうです。このブランドも、コートなど独特な雰囲気があり、クシャとした服の質感も楽しめる上品なブランドです。コートをさらりと羽織っだだけでも、デザイナーらしさがグッと上がるように思います。

COMOLI(コモリ)


6.STORE(ストア)

カラフルとで遊び心がある洋服ブランド。見るからにデザイナーさんが着てそうなイメージですよね。これだけ、インパクトがあるものであれば、パンツなどはシンプルやモノトーンな色を着ても全然垢抜けてる感が出そうですよね。カラバリも多いので、自分の好みの色をチョイスするといいですね。

STORE(ストア)


7.AURALEE(オーラリー)

オーラリーは、日本のブランドで、世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で本当によいと思える素材を追求しているブランド。価格帯は、テアトラなどに比べ、若干控えめで、デザインは嫌味がなく上質でいてシンプルです。私自身も、オーラリーの麻で作られたパンツを持っているのですが、非常にはき心地がよく、夏でもさらっとはけて、ダサさが一切ないので便利なアイテムです。また、オーラリーを扱っているようなお店は、非常に服に対して愛情があるので、ネットで買う前に一度、取り扱い店に行くと良さが伝染します。

AURALEE(オーラリー)


8.COMMONOreproducts(コモノリプロダクツ)

このブランドは、D&DEPARTMENT FUKUOKAで出会ったブランド。D&DEPARTMENT自体がロングライフをコンセプトにしているだけあって、長く着続けれそうな洋服です。デザインも非常にシンプルでワークっぽい雰囲気気味な印象を受けます。パンツは、ペインターパンツや、ミリタリー物のパンツが合いそうです。

COMMONOreproducts(コモノリプロダクツ)


9.ISSEY MIYAKE MEN(イッセイミヤケメン)

世界的にも有名なイッセイミヤケ。昔、学生だった頃、東京でアートを巡っていた時に、一枚の布からあらゆるテキスタイルや、シルエットを作り出している創造性に驚きました。デザイナー業界やアートシーンに関係する業界人を見かけると、必ず誰か一人は着ているブランド。価格も非常に高いですが、素材を作る技術も仕立ても素晴らしいと思います。私が昔行った大阪のお店は、グラフィックデザイナーの佐藤卓さんがアートディレクションされていました。

ISSEY MIYAKE MEN(イッセイミヤケメン)


10.giraffe(ジラフ)

スープストックでも有名な会社、スマイルズが運営するネクタイブランド。ネクタイブランドですが、シャツもあります。自由と、反骨の気概をもち、ネクタイには体温があるというコンセプトがあり、ネクタイはとてもユニークでつけるだけでもデザイナーぽさが出ます。私のオススメは、白シャツで、それだけで来ても清潔感が出ますし、ジラフのネクタイをつけるとデザイナー感がグッと出るブランドです。

giraffe(ジラフ)

コメント投稿フォーム

Profile | プロフィール

松井貴史

松井貴史

1984年熊本生まれ。デジタルを軸に福岡でブランドづくりを行う事務所RUBYDESIGN.代表。ホームページ相談窓口SmoLLを運営。[詳しいプロフィール]

ご相談・お問い合わせ