投資家が「お金」よりも大切にしていることを読んで

Pocket

投資家が「お金」よりもたいせつにしていることを読んで

こんにちはマツイです。

先日、投資家がお金よりも大切にしていること読みました。

あなたにとって投資とはなんですか。ということを考えさせられる本です。投資と言う言葉は、単にお金だけを指すのではなくて、時間をどこに費やすか、誰とどんな時間を過ごすのか。

それも投資の1つだと考えると、これからどう生きるか考えるきっかけになります。僕自身、この投資の考え方にすごく共感できる部分があります。

この本の中で、自分の心に刺さった部分を紹介します。



私の成功とは、
長期的な人間関係を築いて、
人に奉仕することだ。

インドのITサービス会社ウィプロの会長の発言なんですがすごくわかります。どんなにお金を持っていても、孤独であれば幸せなのかはわからないなと最近思います。

逆に、お金は人並みでも、仲間が多い人は、どこに住んでいても凄く毎日を楽しそうに過ごしているように思います。それは、お金とは関係ないかもしれません。

お金で繋がっている関係のうちは、お金がなくなれば離れる事ってありそうですよね。だからこそ、仕事を通して長期的な信頼を築くという本質的な事を考える事がその人を魅力的にするんだと思います。


真面目な努力が美徳になるような社会。
真面目な会社しか、長期的に利益を上げることはできない

どこかの本でもみかけたのですが、やはり大きくなっている企業は、真摯にユーザーと向き合っている企業が多いように思います。結局ファンが増えるって事なんじゃないかなと思ってます。自分のことを、大切にしてくれる会社や人を嫌いになったりはしないですし。

本文の中で、給料は安いけど、うちの会社だと成長できるから問題ない。将来の君のためになる。という言葉は、実は自分が得をすることしか考えていない。という一文がありますが本当にそうですね。こうゆう発言はよく聞きます。

向上心を餌に良い言葉で誤魔化しても、良い関係は続きませんよね。本当に、それでもやりたいと思えば良いと思うのですが、こういった言葉をつかう企業に入るときは、注意が必要ですよね。


個人レベルでも、成長にかけることが1番安全な道なのです。
変化こそが安定なのです。変化と向き合い、変化をチャンスと捉え、変化を望んで、実際に動くこと。

行動するって凄く簡単そうで、結構難しいです。それに、安定の話は、僕もすごくそう思います。安定って何でしょうって思うんです。同じことを繰り返していても成長はできませんよね。成長ができないと、できることも増えなくて、そのまま後退していってしまうように思います。

逆に、成長している人は、どんどん自分に足りないものを取り入れようとするので、できることも増えていって、挑戦する幅も広がり、より社会や人の役に立つことができてるように思います。

だから、変化を不安定と捉えるのではなくて、変化や成長している人こそ安定していくと言う事は、すごく理にかなっていると思います。そして、そういう人たちと一緒にいると自然と自分まで成長していけるので、自分が楽しく成長できる人と一緒にいるのが一番です。


最後の最後は、論理ではなく、気持ちなんです。

本文の末尾に、最後はエイヤー!と言うことだと言う感情的な文言が書かれているんですが、実は結局どれだけその思いが強いか、その人を信じれたかなんだろうなぁと心に刺さりました。人を信じるのは簡単ではないです。

ましてや、技術職・専門職になればなるほど、人に仕事を任せれなくなります。本当にきちんとやってくれるのか、ちゃんとできるのか不安になります。

ただ、それでは広がりもなく、独りよがりになりがちです。これから大事にしなくてはいけないものは、どれだけ人を信じて任せていけるかといった、感情的なスキルも必要になってくるはずなので、逆に信じてもらえるように、信じれるような関係づくりに励みたいと思っています。

本当に良い仕事をするためには、人を信じて、一緒に良い仕事をするということが、お金以上に大切なことなのかもしれません。


まとめ

個人的に思うのは、本に答えが書かれているのではなくて、本には人の考え方が詰まってると思っています。それをどう自分が感じ、どう判断するかは、自分で決めるべきなのだと思います。

本に書いてあるから正解と言う事はなく、あくまでも自分を信じて、それを検証して、次につなげることしかできないと思います。だからこそ、良い文献と出会って、自分の考え方を成長させていて、より多くの変化に適応できるような人間になれればと思います。

PROFILE

松井貴史

松井貴史

1984年熊本生まれ。RUBYDESIGN.代表
プロダクトに関わるUI設計が得意です。デザインだけではなく、現在エンジニアリング部分などにも領域を広げています。物と物をsnsで繋ぐマッチングサービスmonocrewを運営。