プラグラミング言語のコーヒー

モチベーションを持続させる、プログラム言語「Ruby」のコーヒーを購入

あるツイッターを見かけてプログラム言語のCODEコーヒーを購入してみました。ちなみに、僕は屋号名にちなんで言語の中でも「Ruby」言語のコーヒーを購入。

元ネタはすいかさんの記事から

実際に動画を見るとプログラマーやエンジニアがコーヒーをプログラムの特徴と重ねながら、チョイスしています。途中で出てくるプログラマーの作られていないコメントがリアル。キャンプファイヤーのサイトには、プログラマーらしく、レポジトリのurlがありました。ここの中にphpがなかったらしく、ツイッターなどでphpも作ってという要望もありました。僕からすると「あら!気づかなかった。本当だ」という感じです。

最近、仕組みを自分でも作って実装するようになりたくなって、プログラムを個人的に勉強しています。デザイナーにとってプログラミングは、どこか近いようで遠い存在なんですが、自分と同じ名前の言語があったり、こういった商品があるとモチベーションも持続できます。プログラムに限らず何かに挑戦するときは、やる気が上がるものを買ってモチベーションを上げていくのはすごく大事だと思っています。

Ruby言語

買っていて気づいたことは、自分の屋号に近かったり、自分がやろうとしていることの延長線上を意識した物をは、結構自分ごと化しやすいんじゃないかと思いました。同じ条件で何かを選択する場合って、案外選択する時の判断条件はアバウト。だったら、自分の名前やモチベーションが上がる選択肢を選びたくなるんだろうと思います。何か商品を作るときは、自分ごと化しやすいものから作っていくと、みんな他人行儀じゃなく「お!これ買ってみたい」となるんでしょうね。

プログラム言語のコーヒー「CODE COFFEE」
キャンプファイヤーサイトへ

CODE COFFEE 公式サイト
codecoffee.blue-puddle.com

松井 貴史

松井 貴史

RUBY DESIGN. 代表 スタートアップや企業のサービスのフロントに関わるデザインや実装の仕事をしています。現在、リソースシェアサービスサービスを開発中/完全朝型/熊本出身 リモートチーム募集中です。詳しくはお知らせをご覧ください。

類似記事

「楽しいことをすると、次の楽しみが見つかる!」今年を一年の振り返って思うこと。

ルビーデザインの今後のビジョン

知識ゼロでも ワードプレスが 身につく本

webdesign

WEBデザイナーとしてご飯を食べれるようになるためにやった事

なくなる事は今後を考えるチャンス